《反動装置を用いた大気空間の研究》(読み)はんどうそうちをもちいたたいきくうかんのけんきゅう

世界大百科事典内の《反動装置を用いた大気空間の研究》の言及

【チオルコフスキー】より

…一方,彼の興味は早くから宇宙にも向けられており,1883年には反動を利用するロケットは宇宙空間でも飛行可能であることを指摘,さらに86年にはアポロ計画に驚くほど似た宇宙旅行構想をすでに発表していた。97年,今日では常識となっている運動量の関係,すなわち質量と速度変化の関係を定式化し,1903年の《反動装置を用いた大気空間の研究》では,それに加えて液体(燃料)ロケットの提案を行った。彼のロケット研究は,なかなか認められなかったが,ロシア革命後は19年科学アカデミーの会員に選ばれたり,奨励金を受けるなど国の内外で評価されるようになった。…

※「《反動装置を用いた大気空間の研究》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android