《唐詩帰》(読み)とうしき

世界大百科事典内の《唐詩帰》の言及

【竟陵派】より

…明代の文壇は16世紀初めから〈古文辞〉を標榜する擬古主義が大勢を占め,公安派など一部の革新派による批判も,その大勢を崩すことはできなかった。鍾・譚の両人は協力して《古詩帰》15巻と《唐詩帰》36巻を著した。総称して《詩帰》という。…

【鍾惺】より

…湖北省竟陵(天門)の出身で,万暦38年(1610)の進士。同郷の譚元春とともに《古詩帰》《唐詩帰》を編み,古来の注釈はいっさい無視して,独自の詩観による鑑賞と批評を縦横に加えた(竟陵派)。その体当り的な寸評と一種の暗さを帯びた感受性は当時の読者を魅了して,たちまちベストセラーになって版を重ね,多くの模倣書を生んだ。…

※「《唐詩帰》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android