《夏の山歌》(読み)なつのやまうた

世界大百科事典内の《夏の山歌》の言及

【山歌】より

…とくに有名なのは《津軽山歌》で,元来は深山で伐った木を山中の急流や激流に流しながら歌われる樵夫(きこり)歌で,〈イヤァーイデヤァーナ五ャー 十五ャー七がャェー 山を登りに 笛 笛吹けばャェー 峰の小松は みな みな靡くャェー〉と,陰旋法の哀調のこもった中に,津軽独特のユリの技巧が加わった声回しの佳調であるが,明治初年ころからはもっぱら祝いの座敷歌として歌われている。また宮城県の《秋の山歌》や,山形市近郊の《かくま刈歌》(《夏の山歌》)のように,萩取りや薪・炭焼き用の柴木の木伐りの際に歌われる歌もある。【浅野 建二】。…

※「《夏の山歌》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android