《多荷論》(読み)おせわろん

世界大百科事典内の《多荷論》の言及

【田螺金魚】より

…1777年(安永6)の処女作《妓者(げいしや)呼子鳥》は,実在の町芸者2人の名を借りて,1人の客との三角関係を描き,つづく《契情買(けいせいかい)虎之巻》(1778)は,盲人の高利貸鳥山検校が吉原松葉屋の瀬川を身請けした当時の話題に材を取り,遊里における恋愛真情を伝奇的構成によって脚色し,これらが後の人情本への展開の素地をつくった。ほかに善光寺開帳を当てこんだ黄表紙風の《一事千金》,吉原と岡場所の比較を合戦記に擬した《淫女(けいせい)皮肉論》,通(つう)の心得を語らせる《傾城買指南所》(以上1778),しゃれのめした滑稽作《多荷論(おせわろん)》(1780)などがあり,多彩な作風を示している。【水野 稔】。…

※「《多荷論》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android