コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《大塔物語》 おおとうものがたり

世界大百科事典内の《大塔物語》の言及

【大塔合戦】より

…命運つきかけた長秀は一族大井光矩のあっせんによって和解し京都に帰ったが,守護職を失い領国支配は失敗に終わった。小笠原軍の武将坂西長国の奮戦と討死を中心にこの合戦のてんまつを描いた《大塔物語》は,俗字を交えた特異な文体と叙述の構成から,中世後期の唱導文学と考えられ,作者に善光寺の妻戸時衆を擬する説が有力である。【湯本 軍一】。…

※「《大塔物語》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone