《大足のベルト》(読み)おおあしのべると

世界大百科事典内の《大足のベルト》の言及

【アドネ・ル・ロア】より

…ブラバン公アンリ3世,その没後はフランドル伯ギ・ド・ダンピエールに仕え,1270年には十字軍に加わってチュニスまで赴いている。前世紀の武勲詩を13世紀の韻文フランス語でロマンス(物語)風に書き直したことで知られ,おもな作品に《ブーボン・ド・コマルシス》《デンマークの騎士オジエ》《大足のベルト》と,2万行に近い大作ロマンス《クレオマデス》がある。前3作は武勲詩に多く使われた10,12音節平韻で書かれているが,《クレオマデス》では歴史叙述,ロマンスに使われた8音節詩行が使われている。…

※「《大足のベルト》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android