コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

  • コトバンク
  • > 《天照坐伊勢二所皇太神宮御鎮座次第記》とは

《天照坐伊勢二所皇太神宮御鎮座次第記》 あまてらしますいせにしょこうたいじんぐうごちんざしだいき

世界大百科事典内の《天照坐伊勢二所皇太神宮御鎮座次第記》の言及

【神道五部書】より

…いずれも長い題名を持っているが,各1巻で短編。《天照坐伊勢二所皇太神宮御鎮座次第記》は,天照大神と豊受大神の神格と,二神の伊勢鎮座に至るまでの次第を述べた書,《伊勢二所皇太神御鎮座伝記》は,神鏡の祭祀を中心に伊勢神宮の由緒を記し,《豊受皇太神御鎮座本紀》は,外宮の沿革を明らかにして内宮との関係を述べ,さらに外宮の祭儀を説明する。また《造伊勢二所太神宮宝基本記》は,両宮の殿舎の造営や形式などについて神秘的な解説を加え,《倭姫命世記》は,天地開闢以来の神々の祭祀について概観し,神宮の成立を説明する中で,神道の教説を明らかにしようとしている。…

※「《天照坐伊勢二所皇太神宮御鎮座次第記》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《天照坐伊勢二所皇太神宮御鎮座次第記》の関連キーワード神道五部書

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android