コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《巨人》 きょじん

世界大百科事典内の《巨人》の言及

【ジャン・パウル】より

…生存中の一時期,上流婦人たちの間で非常な人気を博したこともあったが,ゲーテ,シラーとは相入れず,20世紀になってようやく高い評価を得た。主要作品は,《見えないロッジ》(1793),《宵の明星》(1795),《貧民弁護士ジーベンケースの結婚生活と死と婚礼》(1796‐97),《巨人Titan》(1800‐03),《生意気ざかり》(1804‐05),《彗星》(1820‐22,未完)などのほか,《見えないロッジ》の付録として発表された短編《マリア・ウッツ先生の生涯》(1791執筆)があり,さらに,大部の《美学入門》(1804),《レバーナもしくは教育論》(1807)がある。なおマーラーの第一交響曲《巨人》の名は彼の小説に由来する。…

※「《巨人》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《巨人》の関連キーワードベックウィズウィーデマン症候群殺人!ザ・東京ドームムンディルファリジャックと豆の木オール阪神・巨人イーヴィルティガだいだらぼっち2人のトレードダイタラボッチベルゲルミルジャイアントキュクロプスヤルンサクサファルバウチヒュロッキン巨人たちの星ギガンテスミドガルド大人弥五郎ヘイムダル

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

《巨人》の関連情報