コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《帰命本願》 きみょうほんがん

世界大百科事典内の《帰命本願》の言及

【三部仮名鈔】より

…元亨年間(1321‐24)に成立。《帰命本願(きみようほんがん)鈔》3巻,《西要(さいよう)鈔》2巻,《父子相迎(ふしそうごう)》2巻の3部7巻よりなる。《帰命本願鈔》では弥陀の本願に帰依して念仏往生を願うべきことを勧め,《西要鈔》では女人往生,一念多念など教義上の問題を平易に説き,また《父子相迎》では弥陀と衆生の関係を父子になぞらえ,厭離穢土(おんりえど)・欣求浄土(ごんぐじようど)の思想に徹すべきことを強調している。…

※「《帰命本願》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

《帰命本願》の関連キーワード三部仮名鈔関通