《年報――経済・社会・文明》(読み)ねんぽうけいざいしゃかいぶんめい

世界大百科事典内の《年報――経済・社会・文明》の言及

【アナール学派】より

…伝統的歴史学が,歴史の表層にしか目を向けず,訓詁の学に終始していることを批判し,人間活動の総体を生きた姿においてとらえる視点の重要性を強調して,人間諸科学の交流の上に立った〈新しい歴史学〉の創造を提唱している。誌名は,第2次大戦下,Annales d’histoire sociale(1939‐41),Mélanges d’histoire sociale(1942‐44),Annales d’histoire sociale(1945)と変わったが,1946年からは《年報――経済・社会・文明Annales.Économies,Sociétés,Civilisations》となり現在に至っている。フェーブル,ブロックに続いては,ブローデル,デュビー,ル・ゴフ,ル・ロア・ラデュリらが,中心的な担い手である。…

※「《年報――経済・社会・文明》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android