コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

  • コトバンク
  • > 《幾何学の基礎をなす仮説について》とは

《幾何学の基礎をなす仮説について》 きかがくのきそをなすかせつについて

世界大百科事典内の《幾何学の基礎をなす仮説について》の言及

【数学】より

…彼は電磁気学や熱伝導論など理論物理学への寄与もあるが,複素変数の解析関数論,ことに代数関数論の基礎を定め,積分論や三角級数論にも重要な貢献をし,数論上古くからのなぞとされた素数分布の問題を扱うのに,ゼータ関数を複素変数の関数として考えるという新しい方法を創始した。このように純粋数学の多くの分野にそれぞれ独創的な貢献をしたが,1854年ゲッティンゲン大学の就任講演《幾何学の基礎をなす仮説について》はとくに重要である。 その前にガウスは彼の《曲面論》(1827)で十分滑らかな曲面の等長変換(長さを変えない変換)によって変わらない性質を論じ,とくに曲面上の各点の全曲率がその性質をもつことを示した。…

※「《幾何学の基礎をなす仮説について》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone