《悩めるフランスに勧める》(読み)なやめるふらんすにすすめる

世界大百科事典内の《悩めるフランスに勧める》の言及

【カステリヨン】より

…その間,聖書・神学研究と並行してわかりやすい仏訳聖書を刊行(1555)したほか,53年カルバンによる異端者セルベトゥス焚刑事件にあたり,古今の文献を論拠に世俗権力による異端処刑の非を立証した編著《異端者について》(1554)を発表して寛容論争の口火を切った。62年第1回フランス宗教戦争に際しては,個人の信仰・良心は尊厳侵すべからずとする信念から同朋相喰む戦争の愚を説き,平和回復とフランスの国民的統一を祖国に訴える《悩めるフランスに勧める》(1562)を発表した。【二宮 敬】。…

※「《悩めるフランスに勧める》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android