コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《感情》 かんじょう

世界大百科事典内の《感情》の言及

【抒情小曲集】より

室生犀星の第2詩集。1918年(大正7)9月感情詩社より刊行。1912‐14年にかけて《朱欒(ザンボア)》その他に発表された犀星初期の抒情詩が中心で,その大部分を占める文語詩の流麗で自然なリズムは,北原白秋の《思ひ出》に続く抒情小曲の名作とされる。…

※「《感情》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

《感情》の関連キーワードアインフュールングアンビバレントエモーショナルアンビバレンス感情(雑誌)センチメントエモーション恩地孝四郎共同体感情心理の論理萩原朔太郎融合的思考抒情小曲集サンチマン抒情・叙情人間らしい転導推理気が立つヤコービ感情移入

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android