《日本地質構造論》(読み)にほんちしつこうぞうろん

世界大百科事典内の《日本地質構造論》の言及

【原田豊吉】より

…83年帰国,地質調査所に入り,翌84年東京大学講師を兼ね,86年古生物学の教授となった。 1889年には《日本地質構造論》をドイツ語と日本語で出版し,日本地質学の創始者の一人,E.ナウマンの日本列島を一大弧状山脈とするフォッサマグナ説を批判して,日本列島は複数の弧状山脈が結合したものとした。ナウマンはこれに反論し,論争はしばらく続いた。…

※「《日本地質構造論》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android