《日本文学原論》(読み)にほんぶんがくげんろん

世界大百科事典内の《日本文学原論》の言及

【近藤忠義】より

…法政大,和光大教授などを務める。専門は西鶴,歌舞伎であるが,主著《日本文学原論》(1937)は時流に抗して作品や作家を歴史的・社会的観点から科学的にとらえる方法を提示し,強い影響を与えた。戦後,研究の思想的方法的変革を求める研究者,教育者を糾合して日本文学協会の設立に尽力,長くその委員長を務めた。…

※「《日本文学原論》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android