《日本昔話大成》(読み)にほんむかしばなしたいせい

世界大百科事典内の《日本昔話大成》の言及

【昔話】より

… 《昔話採集手帖》編集に際して,柳田国男に協力した関敬吾は,昔話の比較研究といった国際的視野からその後,西欧のそれに直接照応しうる方向に整理・分類の道を求めた。関はアールネ=トムソンの分類に基づいて,国内資料の整備を図り,その結果《日本昔話集成》全6巻(1959)を経て,《日本昔話大成》全12巻(1980)の編纂を果たした。したがって,そこに導入された方法は,今日広くに用いられる〈動物昔話〉〈本格昔話〉〈笑話〉の3分類である。…

※「《日本昔話大成》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android