《日東記游》(読み)にっとうきゆう

世界大百科事典内の《日東記游》の言及

【金綺秀】より

…1876年,日朝修好条規締結ののち,礼曹参議として修信使に任命され,団員75名を率いて日本を訪問。帰国後に著した《日東記游》は,当時の対日本認識に少なからぬ影響を及ぼした。谷山郡守,徳源府使,監理義州通商事務などを歴任し,93年に黄澗・清風地方で民乱が起こった際には,按覈使として現地に派遣された。…

※「《日東記游》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android