《東洋婦人画報》(読み)とうようふじんがほう

世界大百科事典内の《東洋婦人画報》の言及

【婦人画報】より

…06年,独歩は独立して発行を続けたが,経営に失敗,07年8月,島田義三の東京社(のちの婦人画報社)に継承された。一時,誌名を《東洋婦人画報》《戦時女性》としたこともある。当初は,上品でやや堅苦しいという評もあったが,大正・昭和を通じて,画報形式の女性ジャーナリズムをつくりあげていった功績は大きい。…

※「《東洋婦人画報》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android