コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《東鑑》 あずまかがみ

世界大百科事典内の《東鑑》の言及

【吾妻鏡】より

…東鑑とも書く。鎌倉幕府が編纂した幕府の歴史書。…

※「《東鑑》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《東鑑》の関連キーワード口籠る・口篭る・口籠もる吾妻鏡(あづまかがみ)歓楽・懽楽・冠落落ち合う・落合う見知・検知編目・篇目喧嘩・諠譁御感の御書五十川了庵変体漢文岡清兵衛吾妻鏡記録体梶の葉白波仮令室家突鼻文体空御

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android