《根曳の門松》(読み)ねびきのかどまつ

世界大百科事典内の《根曳の門松》の言及

【山崎与次兵衛寿の門松】より

…中の巻の浄閑の町人道を説く場面が,升落しにかこつけて息子を逃がす愛情深い場面とともに見せ場になっている。一中節の《根曳の門松》は1722年(享保7)大坂嵐座の歌舞伎《山崎与次兵衛半中節》の道行で,《寿の門松》の下の巻の道行を改作して,宮古路豊後掾が語ったものである。与平と与次兵衛の男同士の心意気の部分が,《昔米万石通(むかしごめまんごくどおし)》を経て《双蝶々曲輪日記(ふたつちようちようくるわにつき)》などの男達(おとこだて)物の系列に展開してゆき,吾妻与次兵衛物の先駆となっている。…

※「《根曳の門松》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android