《欧州大陸市政論》(読み)おうしゅうたいりくしせいろん

世界大百科事典内の《欧州大陸市政論》の言及

【都市問題】より

…これに対しキリスト教の側からの社会的福音Social Gospel運動や,先進ヨーロッパの都市政策を学ぼうとする研究が90年代に高まった。たとえばアルバート・ショー《欧州大陸市政論》(1895)がそれで,これは日本でも内務省により紹介されている(1899)。
[日本における都市問題の把握]
 明治維新・文明開化とともに,かつての城下町に洋風建築が建ち,鉄道も通りはじめた。…

※「《欧州大陸市政論》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android