コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《欽定重刻淳化閣帖》 きんていじゅうこくじゅんかかくちょう

世界大百科事典内の《欽定重刻淳化閣帖》の言及

【清代美術】より

…次に乾隆年間を帖学後期とする。康熙帝勅撰による歴代書画の文献の集大成した《佩文斎(はいぶんさい)書画譜》,乾隆帝勅撰の内府所蔵の名跡を選んで上石した《三希堂法帖》《淳化閣帖》に考証,釈文を加えた《欽定重刻淳化閣帖》などにより帖学の学問的基礎が成立し,帖学の隆盛期を迎えるに至った。張照,王文治,梁同書らがこの時期の代表的書人であり,なかでも劉墉(りゆうよう)は渾厚な風格を備えた名家として尊ばれる。…

【法帖】より

…その内容には二王に加え唐・宋・元・明の名家が入っている。 清代になると乾隆帝の勅命で《閣帖》を翻刻して《欽定重刻淳化閣帖》が作られた。これは前人の考証した帖中の偽帖を除き,編次を正した《閣帖》の決定版である。…

※「《欽定重刻淳化閣帖》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone