コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《永福門院御自歌合》 えいふくもんいんおんじかあわせ

世界大百科事典内の《永福門院御自歌合》の言及

【永福門院】より

…夫君没後は花園天皇を指導し,《風雅集》にも69首入る。晩年の自撰とされる《永福門院御自歌合》200首に,〈真萩散る庭の秋風身にしみて夕日の影ぞ壁に消えゆく〉など,門院の和歌の精髄が見られる。【上条 彰次】。…

※「《永福門院御自歌合》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報