コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《海豹と雲》 かいひょうとくも

世界大百科事典内の《海豹と雲》の言及

【北原白秋】より

…その一方,鈴木三重吉の児童文学雑誌《赤い鳥》によって,創作童謡,創作民謡に新紀元を画す働きもした。29年刊の詩集《海豹(かいひよう)と雲》では,日本古神道の精神とリズムをとらえるに至り,短歌のほうでは35年多磨短歌会を興し《多磨》を創刊,〈近代の幽玄体〉の樹立に尽くした。晩年は眼疾におかされ,薄明のうちに詩作をつづけた。…

※「《海豹と雲》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android