コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《演説家について》 えんぜつかについて

世界大百科事典内の《演説家について》の言及

【ラテン文学】より

…政治的に不遇の時期には,修辞学と哲学の著作に専念し,学究としての一面を示している。代表作《演説家について》によって,哲人と芸術家の結合した理想的人間としての雄弁家を描き出した彼も,書簡集の中ではくつろいだ日常の素顔ものぞかせている。 この時代には歴史記述も盛んに行われた。…

※「《演説家について》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android