コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《玉吟集》 ぎょくぎんしゅう

世界大百科事典内の《玉吟集》の言及

【壬二集】より

…九条基家が家隆の詠草に基づき編纂した集が原型か。《玉吟集》と題する伝本も多い。定数歌(一定の数を定めて歌を詠むもので,百首歌が基本)二十数種と,四季部,恋部,雑部など整然と分類された約1280首の歌群とを収録。…

※「《玉吟集》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

《玉吟集》の関連キーワード藤原家隆壬二集

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android