コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《生きること》 いきること

世界大百科事典内の《生きること》の言及

【グリーン】より

…オックスフォード大学を出て家業を継ぎながらひそかに文筆に従事。バーミンガムの労働者の生活を描いた《生きること》(1929),ロンドンの中産階級の恋愛を描いた《溺愛》(1952)などのほか《パーティ行》(1939),《愛すること》(1945)などがある。題材の範囲は広く,V.ウルフの流れを汲む心理小説的なものに風俗喜劇的な要素をもちこみ,凝った文章で〈生(せい)の状態〉そのものを伝える。…

※「《生きること》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《生きること》の関連キーワードキャシーのbig C いま私にできること君父の讐は倶に天を戴かず死んでも命のあるようにトモ、ぼくは元気ですゾーン・ポリティコンsingle hitセーフティーバントアンガージュマンアンティステネス魚は江湖に相忘る現世安穏後生善処ノマドロジーエンリコ4世キュレネ学派玄奘西域記托生・託生ブックマン刹那主義非婚家族則天去私

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android