コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《生粋主義をめぐって》 きっすいしゅぎをめぐって

世界大百科事典内の《生粋主義をめぐって》の言及

【ウナムノ】より

…北東部の工業都市ビルバオのバスク系家庭に生まれたが,1891年以降,サラマンカ大学ギリシア語教授として,またスペインの精神革命を志す〈98年の世代〉の指導者として,カスティリャを中核とするスペイン論を展開した。とくに95年に発表した《生粋主義をめぐって》は,ガニベトの《スペインの理念》(1897)とともに,以後のスペイン論に多大の影響を与えた。初めスペンサー流の科学万能主義から出発したが,97年の宗教的な危機の体験,翌年の米西戦争の敗北などを機会に,彼の思想は宗教的苦悩に満ちた実存的なそれへの傾斜を深めていく。…

※「《生粋主義をめぐって》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone