コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《経済政策論》 けいざいせいさくろん

世界大百科事典内の《経済政策論》の言及

【宇野弘蔵】より

…58‐68年法政大社会学部教授。主要な業績は,経済学の研究を原理論,段階論,現状分析の3分野に分けるいわゆる3段階論の提唱(《経済学方法論》1960,など),《資本論》の原理論としての再構成(《経済原論》上・下,1950‐52,など),蓄積様式の世界史的3類型の確定(《経済政策論》1954)などである。〈宇野理論〉は戦後マルクス経済学の最大の成果の一つであるが,正統的マルクス研究からは異端視される。…

【マルクス経済学】より

…その成果が《経済原論》(上下。1950,52),《経済政策論》(1954),《経済学方法論》(1962)等であった。その中でほぼ次のような経済学体系が構築されていった。…

※「《経済政策論》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

《経済政策論》の関連キーワードティンバーゲン厚生経済学宇野 弘蔵横山 正彦天野為之福田徳三赤松 要戸田海一宇野弘蔵大野英二保険学