コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《聞伝叢書》 ききづたえそうしょ

世界大百科事典内の《聞伝叢書》の言及

【地方落穂集】より

…本書は,江戸時代の地方書の第一といわれる《地方凡例録》執筆時の重要な参考書の一つとされたことからも明らかなように,地方の万般にわたって記述しており,さらには諸法令なども収録している。なお本書に続くものとして後に《続地方落穂集》(全16巻),《地方落穂集追加》(全7巻)および《地方落穂集続々編》とよばれる(別系統本とする説もある)《聞伝叢書》(全11巻)がつくられるが,それらの成立年代,著者もともに不明である。【斎藤 洋一】。…

※「《聞伝叢書》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《聞伝叢書》の関連キーワード地方落穂集

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android