コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《色彩間苅豆》 いろもようちょっとかりまめ

世界大百科事典内の《色彩間苅豆》の言及

【累】より

…清元。本名題《色彩間苅豆(いろもようちよつとかりまめ)》。1823年(文政6)6月江戸森田座で,4世鶴屋南北作《法懸松成田利剣(けさかけまつなりたのりけん)》の二番目序幕として初演。…

※「《色彩間苅豆》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

《色彩間苅豆》の関連キーワード市川猿之助(4代)松井幸三(2代)道行物色悪

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android