コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《花壇地錦抄》 かだんちきんしょう

世界大百科事典内の《花壇地錦抄》の言及

【園芸】より

…水野元勝の《花壇綱目》(1681)は180あまりの花を取りあげる。以降,貝原益軒の《花譜》(1698),伊藤三之丞(伊兵衛)の《花壇地錦抄》(1695)と続き,江戸時代を通じ70におよぶ園芸書が書かれる。安楽庵策伝の《百椿集》(1630)をはじめ,ツツジ,キク,サクラ,ボタン,ウメ,アサガオ,ハナショウブ,ナデシコなど花の専門書が出版され,さらにモミジ,カラタチバナ,オモト,マツバラン,セッコクなど葉を観賞の対象とした多数の品種を成立させた。…

【シュロチク】より

…カンノンチクよりも寒さに強く,西南日本では露地植えでも越冬でき,ときには大株を見る。 どちらの種類も日本では《花壇地錦抄》(1695)に記事がみられるほどで,古い時代から観賞用に栽培されている。温室のなかった時代からつくられており,性質は強い。…

【ドライフラワー】より

… 日本にも,カイザイク,ローダンセ(ヒロハハナカンザシ)などは明治以降に渡来していたが,ドライフラワーとしてではなく多くは花壇用として栽培されていた。一方,《花壇地錦抄》(1695)にセンニチコウは〈十月の此花を茎とともに切って,かげぼしにして冬立花の草とめ,なげ入れ等に用いる。花の色かわらずして重宝なる物〉とあり,日本でのドライフラワーの最初の記録とされる。…

※「《花壇地錦抄》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《花壇地錦抄》の関連キーワードストック(アブラナ科)伊藤伊兵衛(3代)ボタン(牡丹)ハナショウブセンニチコウフクジュソウタチアオイユキノシタセンリョウレンゲソウシャクヤクサクラソウクレマチスマタタビヒマワリセッコクヒナゲシ元禄文化フウランサザンカ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android