《董永売身》(読み)とうえいばいしん

世界大百科事典内の《董永売身》の言及

【董永】より

…この説話は,唐末五代の変文《孝子董永伝》や古白話小説《董永遇仙伝》にも編まれ,そこでは天女との間に生まれた遺児が天界の母を訪ねる後日譚が付加され,後者ではその遺児に漢朝の大儒董仲舒が擬せられる。さらに清代に至ると,時代を宋朝に設定して宝巻《董永売身》にも語られるほか,七夕説話と結合した民間伝説も行われて,その伝承は絶えない。【田中 謙二】。…

※「《董永売身》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android