《被創造物の歌》(読み)ひそうぞうぶつのうた

世界大百科事典内の《被創造物の歌》の言及

【イタリア文学】より


[俗語詩の登場]
 日常生活全般においてラテン語が文章語として使われているさなかで,会話語すなわち俗語としてのイタリア語が文献に現れはじめるのは,13世紀に入ってからである。まとまったものとしては,まず,アッシジの聖者フランチェスコの《被創造物の歌》(1225)があった。この俗語による詩的表現が,貧しい民衆に宗教を説くための平易な手段であるとだけとらえるのは,おそらくあまりにも野心的なこの聖者の意図を半ば見失うことになるであろう。…

※「《被創造物の歌》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android