コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《許生伝》 きょせいでん

世界大百科事典内の《許生伝》の言及

【朴趾源】より

…これは農業技術と土地制度の改善策を展開したものである。また,朝鮮小説史上特筆すべき作品である《両班(ヤンバン)伝》では両班階級の虚飾と腐敗を鋭い風刺であばき,《許生伝》では群盗たちの無人島開拓による理想社会の実現を描写した。その盟友には実学派随一の天文・数学者洪大容がおり,北学派の俊秀朴斉家,李徳懋(りとくぼう),柳得恭らが彼に私淑した。…

※「《許生伝》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

《許生伝》の関連キーワード朴趾源

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android