《貴重なるものの書》(読み)きちょうなるもののしょ

世界大百科事典内の《貴重なるものの書》の言及

【イブン・ルスタ】より

…903年ヒジャーズにいたという記録がある。著書にアラビア語で書かれた《貴重なるものの書》(903‐913)がある。もとは大著であったが,天文,地理について述べた第7巻のみ現存する。…

※「《貴重なるものの書》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android