コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《近世職人尽絵詞》 きんせいしょくにんづくしえことば

世界大百科事典内の《近世職人尽絵詞》の言及

【鍬形蕙斎】より

…美人画は少なく,錦絵ではあまり声価を得ていないが,筆数を極端に減らして描く略画風の絵本(《略画式》《人物略画式》など)に真価を発揮した。また《近世職人尽絵詞》(肉筆画,3巻,松平定信旧蔵)は,中世以来の職人尽絵の型を踏襲しながら,江戸の町の日常風景を独特の洒脱さと軽妙な筆づかいで活写した代表作である。【狩野 博幸】。…

【職人歌合】より

…語彙の意義の追究,《七十一番職人歌合》と成立の近い町田家本《洛中洛外図屛風》や《調度歌合絵》《扇歌合絵》《四生(ししよう)の歌合》との相関性なども研究課題であろう。江戸期に入って,菱川師宣の《和国諸職絵尽》(1685),《人倫訓蒙図彙》(1690),また鍬形蕙斎《近世職人尽絵詞》(1805成立,3巻)へと展開してゆく。職人尽絵【徳江 元正】。…

※「《近世職人尽絵詞》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《近世職人尽絵詞》の関連キーワード北尾政美職人尽

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android