コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《近代資本主義》 きんだいしほんしゅぎ

世界大百科事典内の《近代資本主義》の言及

【ゾンバルト】より

…それよりも,彼の本領は,理解社会学的方法(理解には合理的なものと感情移入的な追体験によってなされるものがあり,人間を対象とする科学では,後者がもっぱら個別的な解明をもたらすという考え)を駆使して,〈経済体制〉としての資本主義の具体的・包括的把握を試みた点にある。資本主義を初期,高度,後期の3段階に分類し,それぞれについて,(1)企業家とその精神,(2)政治組織としての国家,(3)技術と知識の3側面からアプローチした《近代資本主義》全3巻(1902‐28)は,M.ウェーバーの著作と並び,資本主義の体系的理解に大きく寄与した。【高橋 徹】。…

※「《近代資本主義》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

《近代資本主義》の関連キーワードプロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神セー(Henri Sée)ヴェルナー ゾンバルトブルジョアジーナポレオン法典私的自治の原則高橋 幸八郎アンリ セー消費者保護ウェーバー田岡 嶺雲ゾンバルトブルジョア大塚 久雄対自的階級産業型社会過疎・過密階級社会封建遺制地租改正

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android