コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《阿古屋琴責》 あこやことぜめ

世界大百科事典内の《阿古屋琴責》の言及

【糸の調】より

…9世杵屋(きねや)六左衛門作曲といわれる。義太夫節《壇浦兜軍記(だんのうらかぶとぐんき)》の〈阿古屋琴責(あこやことぜめ)の段〉を長唄に移したもの。景清の行方を追及され,三つの楽器の演奏を強要されながら音色に乱れを見せなかった遊君阿古屋が主人公。…

【壇浦兜軍記】より

…そのうち今でも人形浄瑠璃に上演されるものは,三段目の口〈堀川問注所の場〉。通称《阿古屋琴責》。景清の行方を追う秩父庄司重忠と岩永左衛門は,阿古屋を訊問するが,阿古屋は白状しない。…

※「《阿古屋琴責》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《阿古屋琴責》の関連キーワード壇浦兜軍記糸の調胡弓

《阿古屋琴責》の関連情報