コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《雲林院》 うんりんいん

世界大百科事典内の《雲林院》の言及

【雲林院】より

…そのころ当寺は菩提講と花の名所で有名で,《今昔物語集》《大鏡》の題材となり,また《古今集》以下の歌集で歌の名所となった。在原業平が《伊勢物語》の筋を夢で語る謡曲《雲林院(うんりんいん)》の舞台にもなったが,やがて当寺は応仁の乱で廃絶した。【藤井 学】。…

※「《雲林院》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

《雲林院》の関連キーワード雲林院(うんりんいん 京都市)雲林院(うりんいん 京都市)雲林院(うんりんいん 能)宝山文蔵(16代)観世銕之丞(8世)宝山文蔵(15代)宝山文蔵(11代)宝山文蔵(初代)宝山文蔵(9代)上り・登り・昇り雲林院麗乃一噌 幸政伊勢や日向やすらい祭横道萬里雄藤原関雄世継の翁茨木重謙焼き狩り竹内吟秋

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android