コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《革命と反革命》 かくめいとはんかくめい

世界大百科事典内の《革命と反革命》の言及

【エンゲルス】より

…帰国後パリとブリュッセルを根拠地とし,草稿《ドイツ・イデオロギー》(1845‐46)の主要部分を書いて唯物史観の確立を主導した後,共産主義者同盟の創立に中心的な役割を果たし,1848年革命を迎える。主としてライン地方で活動した後,ドイツ憲法戦役に従軍,この間のドイツ革命の総括を《革命と反革命》(1851‐52)等で与えた。亡命後,50年から70年までふたたびマンチェスターで紡績工場の経営に携わる。…

※「《革命と反革命》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《革命と反革命》の関連キーワードS.M. リプセット十大関係論リプセット土地改革

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android