コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《革命軍》 かくめいぐん

世界大百科事典内の《革命軍》の言及

【辛亥革命】より

…孫文はつとに1894年(光緒20),興中会を組織して革命を唱えたが,革命風潮が高揚をみせるのは20世紀に入ってからのことである。1903年には100万部も出回ったろうと推定される鄒容(すうよう)の《革命軍》の刊行,清朝の権威失墜に終わった《蘇報》事件の発生など,世の耳目を聳動(しようどう)する大事件がつぎつぎと起こった。さらにその翌年を最後として科挙が廃止されると,知識人の革命化はおしとどめえぬ趨勢となった。…

【鄒容】より

…早くから日本語を学び,1902年日本に留学,03年帰国して上海の愛国学社に参加。この間,革命運動に参加,ロシアによる東北占領に抗議したが,とくに小冊子《革命軍》によって,共和革命論を鼓吹し,革命思想の普及に大きな功績をあげた。同年の蘇報事件で章炳麟(しようへいりん)とともに逮捕され,2年の懲役刑に処せられ,獄死した。…

※「《革命軍》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

《革命軍》の関連キーワードビットリオ・アメデオ3世カスティーヨ・アルマスパルテノペア共和国グアテマラの週末ラスピエドラスファジェーエフバルミーの戦い民族抵抗武装軍東北抗日連軍戦時共産主義バルミーの戦武漢国民政府セミョーノフボツァリスクスタナイウランゲリ国民革命軍ベルティゴ人民解放軍中山艦事件