コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《A New Discourse of Trade》 ANewDiscourseofTrade

世界大百科事典内の《A New Discourse of Trade》の言及

【チャイルド】より

…1673年東インド会社の理事,81年に総裁に就任,長年にわたり〈東インド会社の独裁者〉として強力な指導力を発揮した。主著《新交易論A New Discourse of Trade》(1693)は,匿名の書《貿易および貨幣利子に関する概説》(1665執筆,68刊)を加筆改題した同じ匿名の書《交易論》(1690)に,著者名を明記して発表したものである。彼の議論で特徴的なのは利子論と貿易論である。…

※「《A New Discourse of Trade》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

《A New Discourse of Trade》の関連キーワードチャイルド(Sir Josiah Child)チャイルド

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android