コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《Code de la nature》(英語表記)Codedelanature

世界大百科事典内の《Code de la nature》の言及

【モレリー】より

…初期作品では感覚論に立脚した教育哲学を説いたが,50年代に入って思想が先鋭になると同時にユートピア的性格を帯びる。14の歌より成る長編詩《浮島の遭難またはバジリヤッド》(1753年匿名出版)では完全平等の社会をうたい,さらに《自然の法典Code de la nature》(1754年匿名出版)では《バジリヤッド》に理論的根拠を与えて,〈神の調和〉に背く私有制を批判し,集団教育に基づく,あらゆる奢侈を排した合理的・楽観的な共産社会の構想を展開した。《自然の法典》はその急進的性格ゆえに長い間ディドロの作とされ,大革命期のバブーフらに大きな影響を与えたが,1841年にビルガルデルによって初めてモレリーの名誉に帰した。…

※「《Code de la nature》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる