コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《De l'amour》 Delamour

世界大百科事典内の《De l'amour》の言及

【スタンダール】より

…第二の故郷イタリアでの長期滞在,多く不幸な結末に終わる数々の恋愛事件,筆禍によってミラノを追われパリで文壇を放浪した失意の時代を経るうち,評伝,旅行記,美術評論,文芸時評に筆を染めた。なかでは《恋愛論De l’amour》(1822)が有名だが,小説としては《アルマンス》(1827)が処女作である。長い不遇の後,1830年七月革命後の政変で領事職を得たが,この年発表した《赤と黒》が彼の代表作となる。…

※「《De l'amour》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《De l'amour》の関連キーワードフェルナンデス(Dominique Fernandez)ゴダール(Jeanフランソア[サル]愛と偶然との戯れ愛と死との戯れトリュフォーエリュアールモーリヤックスタンダールデュトゥールルージュモンネドンセルルルーシュべルヌイユパンゴークレールロメール愛の砂漠ドラノワ水上剣星

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android