コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《Der Zweck im Recht》 DerZweckimRecht

世界大百科事典内の《Der Zweck im Recht》の言及

【イェーリング】より

…形式論理偏重の法教義学的傾向は,〈概念法学〉と揶揄(やゆ)されるに至った。77‐83年刊行の大著《法における目的Der Zweck im Recht》では,この新しい立場に立って,〈目的〉こそが社会と法の創造者であるという観点から法の社会学的分析が行われる。同時に彼は,法解釈学の分野では,今や妥当な結論から出発して法を目的的に解釈する〈構成法学Konstruktionsjurisprudenz〉を提唱し,のちの自由法論利益法学に大きな影響を与えた。…

※「《Der Zweck im Recht》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

《Der Zweck im Recht》の関連キーワードファスビンダーシュレンドルフルーマン法(社会規範)シュリンクケーラーハウザーベルグラーフパナマレンコウィーヘルト

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android