コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《Fauna Antiqua Sivalensis》 FaunaAntiquaSivalensis

世界大百科事典内の《Fauna Antiqua Sivalensis》の言及

【シワリク丘陵】より

…この丘陵の主部をつくるシワリク層群の地層は古い方から下部(カムリアル,チンジ),中部(ナグリ,ドーク・パタン),上部(タトロット,ピンジョール,ボールダー・コングロメレート)に分けられる。
[シワリク動物群]
 シワリク層群から産出する陸生の化石脊椎動物群をこう呼ぶが,1846‐49年に,イギリス人のファルコナーH.FalconerとコートリーP.T.Cautleyが大著《Fauna Antiqua Sivalensis》で豊富な長鼻類,偶蹄類などの化石を紹介して世界的に知られるようになった。近年では,人類の起源に関係の深いラマピテクス,シバピテクス,ギガントピテクスなどの霊長類化石が含まれていることで注目されている。…

※「《Fauna Antiqua Sivalensis》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《Fauna Antiqua Sivalensis》の関連キーワードエディアカラ動物群アルス・ノバ葱蠅ワシントン条約CITESCITESTRAFFICジャパンワシントン条約ファウヌスワシントン条約

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android