コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《Fauna Antiqua Sivalensis》 FaunaAntiquaSivalensis

世界大百科事典内の《Fauna Antiqua Sivalensis》の言及

【シワリク丘陵】より

…この丘陵の主部をつくるシワリク層群の地層は古い方から下部(カムリアル,チンジ),中部(ナグリ,ドーク・パタン),上部(タトロット,ピンジョール,ボールダー・コングロメレート)に分けられる。
[シワリク動物群]
 シワリク層群から産出する陸生の化石脊椎動物群をこう呼ぶが,1846‐49年に,イギリス人のファルコナーH.FalconerとコートリーP.T.Cautleyが大著《Fauna Antiqua Sivalensis》で豊富な長鼻類,偶蹄類などの化石を紹介して世界的に知られるようになった。近年では,人類の起源に関係の深いラマピテクス,シバピテクス,ギガントピテクスなどの霊長類化石が含まれていることで注目されている。…

※「《Fauna Antiqua Sivalensis》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone