コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《Handbuch der Gewebelehre des Menschen》 HandbuchderGewebelehredesMenschen

世界大百科事典内の《Handbuch der Gewebelehre des Menschen》の言及

【組織学】より

…上皮組織は彼の確立した概念である。またJ.ミュラーの弟子であり,J.ヘンレの助手であったビュルツブルク大学教授ケリカーRudolf Albert von Kölliker(1817‐1905)は,1852年最初の組織学教科書ともいうべき《Handbuch der Gewebelehre des Menschen》を公にした。彼は組織学を総論と各論に分け,細胞組織Zellengewebe(上皮に当たる),結合物質組織Gewebe der Bindesubstang(支持組織に当たる),筋組織Muskelgewebe,神経組織Nervengewebe,血管腺組織Gewebe der Blutgefässdrüsen(今日の内分泌腺その他の実質臓器などに当たる)に分けた。…

※「《Handbuch der Gewebelehre des Menschen》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

《Handbuch der Gewebelehre des Menschen》の関連キーワードシュレッティンガー北尾次郎ピピン失踪者ことの次第タンホイザードクトル・マブゼピピン[3世]ブルクマンカール大帝

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone