コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《Histoire de France》 HistoiredeFrance

世界大百科事典内の《Histoire de France》の言及

【ミシュレ】より

…〈人民〉〈民族〉の魂と生命をうたいあげる彼の講義と著書は,フランスばかりか全ヨーロッパの共和派の青年層に大きな影響を与えた。《フランス史Histoire de France》17巻(1~6巻:1833‐44,7~17巻:1855‐67),《フランス革命史》7巻(1847‐53)のほかに,散文詩的四部作《鳥》(1856),《昆虫》(1857),《海》(1861),《山》(1868)や,心と心の自由な結合を説いた《愛》(1858),《女》(1859),中世の魔女の役割を積極的に評価した《魔女》(1862)が今日でも読み継がれている。【加藤 晴久】。…

※「《Histoire de France》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《Histoire de France》の関連キーワードダレスト・ド・ラ・シャバンヌフュステル・ド・クーランジュフュステル・ド・クーランジュサン=モール学派ブーランビリエシャルルボアシェリュエルリュシェールグールゴールバスールラクルテルフラシュダニエルミシュレアノトージャナンバンビルモーロアマルタンギゾー

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android