コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《Russkaya pravda》 Russkayapravda

世界大百科事典内の《Russkaya pravda》の言及

【デカブリスト】より

…このような意見の相違と,自分たちの結社の存在を当局のスパイが察知しているという情報が入ったところから,21年,〈福祉同盟〉は解散し,第2軍管区のある南ロシアのトゥリチンに本拠をおく〈南方結社Yuzhnoe obshchestvo〉と首都のペテルブルグに本拠をおく〈北方結社Severnoe obshchestvo〉とに分かれた。前者はペステリ大佐の指導下に将来のロシア共和国の憲法ともいうべき《ルスカヤ・プラウダRusskaya pravda》を自分たちの結社の綱領として採択した。後にこの結社にスラブ諸民族の連邦をめざす〈統一スラブ結社Obshchestvo soedinyonnykh slavyan〉が合流する。…

【ルスカヤ・プラウダ】より

…ロシアの法典の名称で,二つのものが知られる。(1)11~12世紀ロシアで制定された法令の集成《ルスカヤ・プラウダ》は,ロシア最古のもので,これには古い〈簡素編集〉(42ヵ条)と,これを修正し新しい多くの条項を追加した〈拡大編集〉(121ヵ条)とがある。〈簡素編集〉はさらに,ヤロスラフ賢公の時代(11世紀前半)に制定された〈ヤロスラフの法〉(〈最古のプラウダ〉)とその子らの時代(11世紀後半)の〈ヤロスラフの子らの法〉とに分けられる。…

※「《Russkaya pravda》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《Russkaya pravda》の関連キーワードヤロスラフ1世(賢公)

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android